Missデビル5話感想&6話あらすじ 菜々緒のアレ見たさに現場騒然!

      2018/06/17

Pocket

Missデビルで悪魔のようなキャラクターを演じている菜々緒さん、

博史(佐藤勝利)のしごかれっぷりを見ていて可哀想だな~って思ってましたが、

第4話まで見ていく内に、

こんな上司も悪くないと思ってきてしまいました。

第4話はちょっと話が散らかってんな~。という感想。

今までどおり、どこかの部署にいってリストラ対象を選んでいればいいのに、

女性社員と恋愛関係になりなさいという無茶な設定

かわいい筧美和子さんとそのスタイルが見れたのでプラマイ0になりましたが(笑)

そりゃ視聴率もなかなか上がらんよ。

博史の過去と椿眞子の過去というとびっきりの伏線があるわけですから、

早く小出しでもいいので出していった方がいいのではないでしょうかね。

ということで、今回は、

Missデビルの第5話感想と第6話あらすじについて書いていきたいと思います。

どうやら、撮影の現場は菜々緒のアレ見たさなのか異様な光景が見られるとか。

Missデビル4話感想と5話あらすじ 視聴率が悪い理由は?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

Missデビル 第5話感想

まずは、Missデビルの第5話の予告から、

ちょっと展開というか設定が無茶苦茶になってきているような気が…

同期の南雲がまさかの社長の大沢(船越英一郎)に襲いかかるという。

さすがにこれは予想外だけど、南雲というサブキャラの憤慨はあまりウェルカムではありません。

南雲の実家の工場が火事になるが、工場側に過失があり保険金が出ずに南雲の家族は崩壊。

その時の担当が社長の大沢だということ。

設定としては面白いんですが、

南雲というサブキャラなもんでイマイチ盛り上がりに欠けます。

でも予告の内容から、博史のお父さんが何やら考え込んでいるので、

遠からずですが博史の過去に何か関係性があるんでしょうか。

ということで、Missデビルの第5話の感想に参りたいと思います。

5/12追記

Missデビルの第5話見ました。

やはり椿眞子は全てお見通しなのか。

会社の不利益になる人間をリストラにするだけでなく、

人命を救うことすらしてしまうんですね。

審査部の瀬登をリストラの対象として退職することになったが、

実は狭心症でこのまま続けていたら命が危なかったという事実が分かりました。

また、南雲も博史の真摯な説得もあり退職することに。

南雲の親の会社で起きたことは椿眞子の過去とリンクする部分も。

椿眞子の過去の話に向けての助走といったところでしょうか。

そろそろ伏線の回収ですね。

 

Missデビル 感想 あらすじ

 

Missデビル 菜々緒のアレ見たさに現場は騒然!

Missデビル、毎回の最後の締めと言えば、

もうお馴染みになりました、椿眞子の回し蹴りですね。

「自分も蹴ってもらいたい」というような声まで出てきてしまっています。

さらにさらに、嘘か本当か分かりませんが、

テレビ関係者から面白い話がありました。

それは、椿眞子を演じる菜々緒さんの、

色っぽいギリギリの衣装での回し蹴り。
1028_24 菜々緒 超絶美脚写真集【電子書籍】[ 菜々緒 ]

スカートの中を見たいがために無駄に現場に人が多くなっているということです。

「撮影は神奈川県川崎市多摩区にある生田スタジオで行われています。田舎ですから普段は人もまばらなのですが、『Missデビル』の撮影日だけは、広告代理店スタッフがスポンサーとおぼしき人たちを大勢引き連れて見学に来ている。ドラマではギリギリの角度を計算して撮影されていますが、現場ではもちろんモロ見え。わざわざ多摩まで視察に来るのは、菜々緒の“股間”見たさの可能性もありそうです」

大の大人がそんなことあるのかは疑心暗鬼ですが、

ネタとしてはかなり面白いですね(笑)

同じ男子として気持ちは分からなくはありません!

 

 

Missデビル 第6話あらすじ 博史は何者?

椿眞子の過去はなんとなく想像できています。

南雲と同じような境遇というか。

火事と保険で人生を狂わされた感じです。

番組は中盤です。どのように話が展開されるのでしょうか。
長財布 レディース 財布 [雑誌GINGERコラボ★][送料無料]菜々緒ちゃんおすすめ★Rue Vivienne プレミアムレザー 開運財布 [大人気占い師のムーンリー先生監修!] かわいい 風水 長財布 お財布 ブランド財布 サイフ LZ
5/12追記

眞子(菜々緒)から宣伝広報部に研修に行くよう命じられた博史(佐藤勝利)。しかし今回はリストラのことなど考えずに研修を楽しむよう言われ、少々拍子抜けしてしまう。そんな折、共亜火災の「子育て支援制度」がテレビ番組で取り上げられることになった。取材を受けることになったのは、妊娠中の宣伝広報部員・唯香(篠田麻里子)。部長の寺田(湯江タケユキ)は大ハリキリだが、唯香の仕事をフォローすることになった課長の湊(坂本三佳)をはじめとする女子社員はいら立ちを募らせるばかりで…。妊婦に優しい職場をアピールしようと寺田が張り切るほど、女性社員の中で孤立していく唯香。唯香に対する同僚の態度が「マタハラ」にあたるのではないかと博史は眞子に相談するが、一蹴されてしまう。それぞれの立場から、眞子が共亜火災に来た本当の理由を探ろうとする喜多村(西田敏行)と大沢(船越英一郎)。眞子が2人をあしらいながら宣伝広報部を見守る中、ストレスによる貧血で唯香が倒れてしまった!湊は唯香にこれ以上無理をさせるべきではないと主張するが、テレビの取材を優先したい寺田は逆ギレ。そんな寺田の態度を見た博史は、寺田をリストラ対象者として眞子に報告する。

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , ,