世界卓球 合同チームはルール無視?世界の反応は?おかしい、ずるいの声も!

      2018/05/05

Pocket

2018年の4月29日~5月6日の期間でスウェーデンで開催されている世界卓球。

この記事を書いているのはちょうど、

日本女子が北朝鮮と韓国の合同チーム「コリア」と対戦して3ー0で勝利した頃です。

明日決勝戦が行われるので金メダルに大きな期待が寄せられていますね。

ストレートで勝ってしまうところやはり日本は強いですね!

決勝の対戦相手は、中国と香港の勝った方と対戦することになりますね。

中国が来るんじゃないですかね~。

男子も女子も結局のところ最後は、中国に勝てるか勝てないのか。

冒頭で記述した、

北朝鮮と韓国の合同チームである「コリア」ですが、

初めから合同チームとして出場していたら全然問題ないんですが、

途中からなんで事態はややこしくなっているわけです。

ルール的に問題ないのか、合同チーム結成の背景などとても気になります。

ということで、今回は、

世界卓球の韓国と北朝鮮の南北合同チームについて、

ルール的に問題ないのかや世界の反応について書いていきたいと思います。

長崎美柚がかわいい!するべき事の継続が実を結ぶが挫折の過去も!【画像他】

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

世界卓球 合同チーム「コリア」結成はルール的に問題なかったのか?

今回の世界卓球で合同チーム「コリア」が結成されたのは、

大会の5日目のことでした。

北朝鮮は1回戦でロシアと対戦してストレートで勝利、

次にシードの韓国と対戦するのか…という時に予想外の合同チーム結成となりました。

この急な出来事ですが、ルール的には問題なかったのか。

始めは、

「突然のルール変更は試合の公平性を損ねる」

という指摘が出ていたんですが、

国際卓球連盟の会長が、

「ルールを超えた出来事だ。平和のサインだ。」

と発言されています。

ルール的にはきっと問題なんだろうと思いますが、

いろいろ大人の事情なんでしょうか、

何でもあり感は流石です。と言うしかないですね。

 

世界卓球 合同チーム ルール

 

世界卓球 合同チーム「コリア」に体する世界の反応は?

大人の事情というか政治的な力が蠢いている合同チーム「コリア」に対する世界の反応ですが、

韓国の声をいくつか紹介します。

北朝鮮と韓国の友好的な出来事がありましたから、

国民も友好モード一色かと思いきや、

いくらなんでも途中からの合同チームはやり過ぎではないか。

代表を勝ち取った選手が可哀想。

などと、普通の考えをされている方もいるようです。

中国国民の反応は、

今の日本チームはどんな気持ちなんだろう。

スポーツはルールを守ってからこそ面白い。頼むからルールを守ってくれ。

などと、まあ当然ながらいい反応はしていないようです。

呆気にとられているという表現が適正でしょうか。

 

Sponsored Link
 

 

合同チームは違和感だらけ!おかしい、ずるいの声も続出!

世界の反応もそうですが、

当然ながら日本の卓球ファンの方からも、

「おかしい」、「ずるい」の声も続出しております。

ファンでなくても一目瞭然でおかしいということは分かりますよね。

さらに合同チーム「コリア」はチームメンバーが9人、

普通はベンチ含め5人しか出れないのに、

9人もいるもんだから、

急遽、席も9席用意されたようです。

日本は5人しかいないから残りの4席にスタッフが座るという事態に。

いろいろおかしなことばかりなんですが、

結果、ストレートで日本がくだしていますからね。

こんなこともあったね~。といい意味で懐かしい思い出になる感じでしょうか。

ということで、今回は、

世界卓球の韓国と北朝鮮の合同チームについて書いてきました。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - スポーツ , , , , , ,