正義のセ5話感想と6話あらすじ 吉高由里子と三浦翔平がキス?

      2018/06/17

Pocket

正義のセも物語は中盤に差し掛かってきました。

検事として日々一歩ずつ成長している凛々子(吉高由里子)、

プライベートではプロポーズを受けた彼氏からまさか破局を言い渡されてしまいますが、

その分仕事に打ち込んでいるようですね。

第4話は交通事故案件でしたが、

内容的には初めてちょっと感動的な要素を入れ込んできましたかね。

キレイな終わり方でした。

視聴率も第3話で10.3%と2桁に戻してきました。

当初はHEROと比べられイマイチな評価でしたが、

前クールと比べ高視聴率が少ない中、健闘しているように思えます。

正義のセは、事件の加害者と被害者に重点的にスポットが当たっているので、

あまりカラクリというか謎解き要素がないので、

考えすぎずに見れる、見やすいドラマであるのも視聴率がいい要因でもあるのでしょうか。

ということで、今回は、

正義のセの第5話感想と第6話あらすじに参りたいと思います。

正義のセ4話感想と5話あらすじ 広瀬アリスのパジャマのブランドは?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

正義のセ 第5話感想 不倫絡みの事件の結末は?

まずは、正義のセの第5話の予告から、

今回は、不倫が絡む事件ですね。

不倫関係にあった男女の女性である香織(佐藤めぐみ)が被害者に。

被疑者は臨床病理学教授・高嶋敦史(原田龍二)。

高嶋は頑なに否認を続ける。

当時のアリバイをもしっかりあるというおとで、アリバイ崩しのために奔走する凛々子。

今回は相原(安田顕)ではなく、大塚(三浦翔平)が相方となりそうです。

ということで、正義のセの第5話の感想に参りたいと思います。

5/9追記

正義のセの第5話見ました。

大塚と凛々子のキスが気になっていましたが、

凛々子が記憶がない状態のキスでしたね。

キスされた後の大塚のリアクションというか、

三浦翔平の慌てっぷりがカッコイイというよりかわいいという印象でした。

これはファンが絶対騒ぎ出すね。

物語の方も、

大塚とナイスタッグを組んで、

見事事件を解決しました。

始めの頃のように頼りない検事という姿はもうありませんね。

とても成長したと思います。

物語も終盤に向かいどんな展開が待っているのでしょうか。

 

正義のセ 感想 あらすじ

 

正義のセ 吉高由里子と三浦翔平がキス?

正義のセの第5話の予告からもお分かりのように、

何故か吉高由里子さんと三浦翔平さんがキスしてますね。

支部長の梅宮(寺脇康文)から、大塚(三浦翔平)との共同捜査を命じられるんですが、

どうやらその中で宴会的な流れの中でキスをしてしまっているようですね

なので、マジなヤツではなく事故的感じですかね。

クールイケメンの大塚にいまだスポットは当たらないままなので、

何かしらの変化が凛々子との付き合いの中で起こってくるのかな。

大塚が崩れるところとかぜひ見てみたいですよね。

 

Sponsored Link
 

 

正義のセ 第6話あらすじ 大塚との関係は?

第5話ではまさかの大塚とキスをする凛々子、

もしかして、凛々子と大塚のラブストーリー的なのが始まるの?

それだけは決してあってはなりませんね。

単発の事件であくまでもフラれた元彼が戻ってきてくれることを

楽しみにしています。

ということで、正義のセの第6話あらすじに参りたいと思います。

5/9追記

凜々子(吉高由里子)は、同期・ユキの結婚披露パーティーに出席。全国各地に赴任している仲間たちが一堂に集まり、パーティーは大いに盛り上がる。そこで凜々子は、弁護士になった美咲(倉科カナ)と久しぶりに再会する。大学時代からずっと助け合いながら勉強してきた似た者同士の二人だったが、進路を決める際、それぞれの正義を貫くために検事と弁護士という違う道を選んだのだった。披露宴の帰り、凜々子は美咲を自宅に招き、竹村家みんなで歓迎する。凜々子と美咲は、お互いの近況を報告。そして恋バナになると、なぜか大塚(三浦翔平)とキスするシチュエーションが凜々子の頭に浮かぶのだった。翌日、出勤した凜々子は相原(安田顕)から、飲み会で寝てしまった時に大塚にキスしたことを知らされる。凜々子は、大塚と顔を合わせると、意識するように。そんな中、オレオレ詐欺の被疑者が送致されてくる。凜々子は「オレオレ詐欺グループを一網打尽にしてやる!」と張り切る。被疑者は、大学生の浅田謙人(岡山天音)。彼は凜々子の取調べに対して、「軽いアルバイト感覚でやってしまっただけで、詐欺に加担しているとは知らなかった」と主張し、反省した態度を見せる。そして浅田を担当する弁護士として港南支部を訪れたのはなんと、美咲だった。美咲は、浅田の釈放を要求。しかし、凜々子は検事として浅田を釈放できるだけの材料がなく、拒否。美咲は浅田の言い分を信じ「ある意味、彼もオレオレ詐欺の被害者と言える…」と、徹底的に守る姿勢にでる。真っ向から対立する凜々子と美咲。二人は立場の違いから、激しくぶつかり合うことに…。それぞれの信念を抱いて追及する、オレオレ詐欺事件の真相とは!?そして、正義のために、固い友情で結ばれていた二人の絆は切れてしまうのか!?

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ