コンフィデンスマンJP4話感想と5話あらすじ ボクちゃんがかわいい!

      2018/05/01

Pocket

コンフィデンスマンJPの視聴率ですが、

第1話では9.4%

第2話では少し数字を下げて7.7%となっています。

ん~。なんだかイヤな予感がします…

やはり月9の呪縛からはまだ逃れることはできないのでしょうか。

長澤まさみさんのぶっ飛んだ演技や東出昌大さんの騙されっぷりは結構注目集まると思っていたんですがね。

以前にも記事で書きましたが、

騙しのスケールがデカすぎるってこと。

ドラマだからと目を瞑っていましたが、

対象者へ扮装して接触するって現実世界では絶対にそんな簡単にはいかないってこと。

リアリティ感がちょっと乏しいのが数字に表れているのかなって感じてしまいます。

果たして視聴率V字回復を見せてくれるのでしょうか。

ということで、今回は、

コンフィデンスマンJPの第4話感想と第5話あらすじについて書いていきたいと思います。

コンフィデンスマンJP3話感想と4話あらすじ かわいい美大生は誰?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

コンフィデンスマンJP 第4話感想

まずは、コンフィデンスマンJPの第4話の予告から、

コンフィデンスマンJPの第2話の長澤まさみさんの変装は、

「中国バイヤー」でしたね。

始めのピカソの偽物はすぐに気づいたのにその後の偽物に全く気づかなったことには、

かなりの違和感を感じましたが(笑)

衣装自体も派手なおばちゃんみたいだったのでウケ狙いっぽかったですけど。

第3話では、映画マニアの俵屋勤(佐野史郎)がターゲットに。

ということで、なにやらくノ一の変装をしていますね。

今度はかわいい女の子は絡んでいないのかな。

俵屋勤は表向きは映画マニアであるが、

裏の顔は、食品偽装をしている食品加工会社の社長という設定です。

どんなカラクリで懲らしめるのでしょうか。

ということで、コンフィデンスマンJPの第4話の感想に参りたいと思います。

4/30追記

コンフィデンスマンJPの第4話見ました。

今回はあまり大きな変化球はなく割とストレートに騙して、

食品偽装を暴き、虐げられていた社員達を救った形になりましたね。

相変わらずの大げさな仕掛けには驚かされますが(笑)

あのエキストラ達はどこで募集しているんだろうか。

まあそこは突いてしまったらこのドラマが成り立たないので。

今回のダー子の変装は今までで1番よかったですね。

美人中国人女優ということで、

長澤まさみさんの色っぽさが際立っていました。

視聴者も釘付けだったのでは。

 

コンフィデンスマンJP 感想 あらすじ

 

コンフィデンスマンJP ボクちゃんの騙されっぷりがかわいい!

コンフィデンスマンJPの第2話と第3話では、

物語の始まりは、

純粋な性格のボクちゃん(東出昌大)がかわいい女性に惹かれるところから始まっています。

しかし、それこそがダー子(長澤まさみ)により仕組まれているワナということで、

対象者と一緒にダー子に騙されているという展開を見せています。

ネット上では、このボクちゃんの騙されっぷりについて、

「かわいすぎて癒やされる」、「クセになる」、「ボクちゃんのだまされっぷりが最高の見どころ」

と注目を集めています。

確かに毎回かわいくてドンマイって感じですよね(笑)

本仮屋ユイカさんと馬場ふみかさんはさすがにかわい過ぎたので、

騙されても仕方ないですけどね。

この展開がしばらく続くのかな~って思いましたが、

第4話ではちょっと異なる展開になるのかな。

むしろ、かわいい女の子出さなくてさらに視聴率下がっちゃったりしないのかな…

 

Sponsored Link
 

 

コンフィデンスマンJP 第5話あらすじ 視聴率回復なるか?

ちょっとずつ視聴率を落として来てしまっているコンフィデンスマンJP、

今の月9の現状から、このままでは決していけません。

女の子ゲストも出なくなっちゃったし、

他に何か施策はあるのでしょうかね。

ということで、コンフィデンスマンJPの第5話のあらすじに参りたいと思います。

4/30追記

ダー子(長澤まさみ)たちは、野々宮総合病院理事長の野々宮ナンシー(かたせ梨乃)を新たなターゲットにする。虫垂炎を起こしたリチャード(小日向文世)の手術を担当した同病院の外科医・田淵安晴(正名僕蔵)を、ナンシーがクビにしたのがきっかけだった。芸能界で活躍した元モデルのナンシーは、開業医と玉の輿婚をした。夫亡き後は病院の経営を引き継ぎ、知名度とイメージ戦略を駆使して成功を収めていた。その中心にいるのが、ナンシーの息子でもある外科医の新琉(永井大)だった。新琉は、困難な手術を次々と成功させ、若きスーパードクターとしてマスコミからも注目されていた。だが、実は新琉の功績のほとんどはオペチームの他の医師によるもので、中でも特に難しい手術を手がけていたのが田淵だった。ナンシーは、薄給に耐えかねて他の病院に移ろうとした田淵に激怒し、医療過誤をでっち上げて彼を医学界から締め出したのだ。ナンシーたちが必死になって田淵の後任を探していると読んだダー子は、ボストンの名医の指導を受けたという触れ込みでボクちゃん(東出昌大)を売り込む。ボクちゃんは、ナンシーがゴルフレッスン中に腰を痛めたという情報をもとに、精密検査を受けるよう持ちかけ……。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , ,