シグナル3話感想・4話あらすじ 渡部篤郎が怪しい!何か隠してる?

      2018/06/17

Pocket

大山(北村一輝)が生きる過去と三枝(坂口健太郎)が生きる現在が無線機で繋がる

ドラマ「シグナル」

長谷川今日子を無事逮捕して激しすぎる導入パートが完結しましたね。

久しぶりに見た長谷川今日子さんですが、

犯人役にもかかわらず相変わらずキレイでしたね。

さすがに残り20分では逮捕は無理かな~。

なんて思いながら見ていましたが、

時効のカラクリを見せてもらいました。

無事逮捕となり長谷川今日子さん退場か?

まだちょくちょく出てきてそのキレイな姿を見せていただきたいものです。

第2話から物語が正式にスタートって感じですかね。

長期未解決捜査班が発足してからどんな事件に関わっていくのか、

無線機とのやりとりはどのように影響していくのか引き続き楽しみですね。

ということで、今回は、シグナルの第3話感想と第4話あらすじについて書いていきたいと思います。

伏線なのか、怪しすぎる人物が1人。

シグナル2話感想と3話あらすじ 過去の大山の現在は?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

シグナル長期未解決捜査班 第3話感想 過去が代わり現在に変化が起こる!

まずは、シグナルの第3話の予告から、

シグナルの第2話の最後には驚きましたね。

大山と三枝の無線機でのやりとりから過去が変わることに。

過去が変わったまさにその時、

現在にもある変化が。

捜査について考え事をしている三枝の目の前にある被害者の写真。

過去で助けられることで現在の写真からその被害者は消えてなくなりました。

あんな感じで写真から消えるのってなんかちょっと気持ち悪かったです。

ということで、シグナルの長期未解決捜査班の第3話感想に参りたいと思います。

4/24追記

シグナルの第3話見ました。

ついに大山と三枝がお互いのいる世界が

過去と現在で同じ時間軸にいないということに疑いを持ちながらも気づきましたね。

それと同時に、長期未解決の連続事件も佳境を迎えています。

第2話で大山と親密な関係の女性、

あれは、完全にフラグがたっていましたがやはり…

次の犠牲になる女性でしたね。

現在の三枝からその女性が次の被害に遭うということを告げられる過去の大山、

火事場のクソ力でその場を抜け出し、

女性の元に走る大山。

無線が切れてしまった三枝は、

過去が変わるのを信じ、文字が変わるのを待つことしかできない。

というところで、第3話が終了~!

おい~!続きが気になる!

 

 

シグナル ドラマ 感想 あらすじ

 

シグナル長期未解決捜査班 渡部篤郎が怪し過ぎ!何か隠しているのか…

シグナルはまだ序盤ですが、

明らかに怪しい人物がいますね。

警視庁の刑事部長の中本ですね。

演じるのは渡部篤郎さんです。

完全に怪しいですよね。

過去を生きる大山が現在では姿を見せていません。

そして桜井(吉瀬美智子)も大山のことを探している様子。

中本が係長の岩田(甲本雅裕)に向かい

「桜井はまだ大山を探しているのか」と話しかけます。

現在の大山について何か知っているってことですよね。

中本はどんな秘密を握っているのでしょうかね。

 

Sponsored Link
 

 

シグナル長期未解決捜査班 第4話あらすじ 無線機でのやりとりが怪しまれる?

これからのストーリーですが、

しばらくは、過去の大山とのやりとりで様々の事件を解決するって展開ですかね。

ただ、いつまでもそれが続くとは思えませんね。

無線機でのやりとりが少しずつ怪しまれていく展開を予想します。

ということで、シグナル長期未解決捜査班の第4話あらすじに参りたいと思います。
シグナル DVD-BOX1 [ イ・ジェフン ]

4/24追記

プロファイラーの三枝健人(坂口健太郎)は、8年前に偶然手にした“過去とつながる無線機”が、今度は1997年とつながっていることに気づき、無線の先の刑事・大山剛志(北村一輝)に未来の情報を伝え、事件を未然に防ごうと考える。一方で、被害者たちが同じ路線のバスを利用していたことが分かり、車内に犯人がいたのではないかとにらむ健人。そこで当時、被害者たちが乗っていたバスを運転していた田中修一(モロ師岡)を探すが、唯一田中の手がかりを知っていた元同僚の八代英子(真瀬樹里)が何者かに…さらに、その犯行の特徴は過去の事件と酷似。犯人が犯行を再開したと考えた健人は、次なる被害者を出さないため、再び無線に呼びかける。1997年、無線で健人の話を聞いた大山は、次の被害者が顔なじみの北野みどり(佐久間由衣)だと知り、激しく動揺する。「事態を変えられるのはあなただけだ」――健人のその言葉に、必死でみどりを探し回る大山。2018年の健人もまた、事態が好転するのをじっと待つが…。長期未解決事件捜査班は、英子が過去の連続事件について何かを知っていて、口封じのために襲われたと推測。防犯カメラの映像と指紋から、事件の犯人が田中だと突き止め、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)が身柄確保に向かう。その頃、再びバス会社を訪れた健人は、過去の事件の犯人像と一致しないことに疑問を抱きつつ、事件当時の田中の運行記録を調べていた。すると犯行時刻に勤務中だった田中にはアリバイがあるものの、もう一つの重要な事実があった。ついに事件の全容をつかんだ健人だったが、同時にそれは、美咲の身に危険が迫っていることを意味していて…。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , ,