クリストファーロサレスの戦績は?驚異の勝率?比嘉を破り新王者に!

   

Pocket

4月15日(日)に行われた、

WBC世界フライ級タイトルマッチ、

比嘉大吾選手対クリストファーロサレス選手で、

クリストファーロサレス選手が勝利し、新王者の座につきました。

比嘉大吾選手にとってかなりの強敵であることは

試合前から言われておりましたが、

前評判通り、、、かなりお強いお方でしたね。

比嘉大吾選手もいろいろありましたからね。

精神的にも万全ではない状態だったのかもしれませんが、

非常に惜しい試合でした。

ということで、今回は、新王者に輝いた、

クリストファーロサレス選手の戦績や試合内容について書いていきたいと思います。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

クリストファーロサレスの戦績は?驚異の勝率!

それでは、今回新王者になったクリストファーロサレス選手の戦績について、

比嘉大吾選手との一戦までのクリストファーロサレス選手の戦績は、

29戦26勝3敗

なんと勝率は90%を誇っています。

比嘉大吾選手にとっては挑戦者としてはコレほどまでにない強敵ということになりますね。

クリストファーロサレス選手は、

26勝のうち、KOは17KOということで、

KO率も約60%ということで超攻撃型ってことになりますかね。

かなりの打ち合いになる試合になることが予想されていました。

視聴者の1人としての意見としては、

お互い様子を見た静かな試合よりも打ち合いの試合の方が見ていてヒートアップしますよね。

長谷川穂積選手の逆境からの打ち合いはかなり痺れるものがありました。

 

ロサレス 戦績

 

比嘉大吾の体重超過は前代未聞!

少し前のルイス・ネリ選手の時にかなり注目となった、

体重超過問題

ルイス・ネリ選手の態度にも大きな問題がありましたが、

体重超過ということがここまでやってはいけないペナルティ、

失礼にあたる行為であることがよく分かった出来事でしたね。

ルイス・ネリ 体重超過の理由は?王座が空席に?過去にドーピングも!

まさかそれが日本人選手にも起こるとは。

比嘉大吾選手は前日の計量で900gのオーバー、

日本人初となる計量失敗による王座剥奪という事態となりました。

具志堅用高さんがあそこまで謝る姿は過去に見たことがありませんでした。

いつもテレビで見る時は、

天然キャラでお茶の間を楽しませてくれている具志堅用高さんも、

さすがに今回の事態の緊急性は重く受け止めていらしたんですね。

比嘉大吾選手にとっては、

勝っても負けても、はっきり言ってほとんど意味のない試合になってしまいました。

今回の敗因の原因には体重超過による精神的なダメージも影響していそうですね。

 

Sponsored Link
 

 

クリストファーロサレス 比嘉大吾を破り新王者に!

新王者となったクリストファーロサレス選手、

KO勝利ではなかったですが、

終始試合をリードしていましたね。

9回まで試合はもたれましたが、

9回にセコンドからタオルが投げ込まれ、

TKO負けを喫しました。

4回の時点での公開得点で1点ビハインドだったのですが、

9回にさらに1点広げられ万事休す。

16試合連続KO勝利という記録を前に比嘉大吾選手敗れました。

今回のことは今回のことで、

また比嘉大吾選手が復活してくれるのを期待したいところです。

ということで、今回は、新王者になったクリストファーロサレス選手について書いてきました。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - スポーツ , , , ,