なでしこジャパン 時間つぶしのパス回しは戦術?ラストが異様!

   

Pocket

なでしこジャパンがワールドカップ出場を決めましたね!

苦戦すると分かっていたオーストラリア戦、

勝つか得点して引き分ければワールドカップ出場が決まる大一番で、

1ー1の同点という結果で見事ワールドカップ出場を決めました!

勿論、リアルタイムで見てましたよ~。

結果だけ見た人は、

「なでしこジャパンのみんなおめでとう~!」って感じですが、

ラストの3分間が異様な光景だったんですよ。

タイトルにもありますが、

ラスト3分間は、日本代表のDF陣内での時間つぶしのパス回しが延々と行われたのです。

この出来事に対して、様々な意見で出そうです。

私も男子も含めて、

このような光景は見たことはありません。

ということで、今回は、なでしこジャパンの時間つぶしのパス回しについて書いていきたいと思います。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

なでしこジャパンの時間つぶしのパス回しとは?

なでしこジャパンの時間つぶしのパス回しについて、

まず、試合はなでしこジャパンの先制得点で試合が動きます。

後半18分、阪口夢穂選手の得点で先制

見事なシュートでした!

これはさすがにいったでしょう~って思っちゃいましたね。

この後、残り35分くらいで1点までなら得点されても大丈夫ってことですから。

そんな私の心の油断がそうさせてしまったのか、

後半41分にオーストラリア代表のサマンサ先週に同点打を浴びてしまいました。

これで1-1。

アディショナルタイム2分を含めた試合終了までの残り約3分間、

なでしこジャパンがとった行動は、

自軍DF陣内でのDF3名によるパス回しです。

オーストラリア代表もワールドカップ行き決定を確信しているので攻めてもいきません。

ただひたすら、なでしこジャパンがパス回しだけをする異様な光景が流れました。

こんな光景見たことはありません。

 

なでしこジャパン 時間つぶし パス回し

 

なでしこジャパンの時間つぶしのパス回しは戦術だった?

では、なでしこジャパンの時間つぶしのパス回しは戦術だったのか。

オーストラリアに同点に追いつかれた後、

ベンチ内とも会話は勿論されていたし、

ワールドカップ出場のための条件も条件でしたからね。

これは明らかに戦術だったのでしょう。

確実に、少しでも勝利の確率を上げるために。

監督としてはなんと言われようが、

正しい選択だったのでしょう。

しかし、この行動に対して解説陣も困惑、

ネット上でも様々な意見が出ていて、

プチ炎上しております。

 

Sponsored Link
 

 

なでしこジャパンの時間つぶしのパス回しのネット上の反応は?

ワールドカップ出場を決めるために決して間違ったことはしていなかったと思います。

しかし、サッカーの試合としてはどうだったんだろうか?

未だかつてない異様な光景にネット上でも様々のコメントが寄せられています。

また、解説の方たちもコメントに困っていましたね。

松木さんは熱い方なので、

「最後まで攻めの姿勢は見せてほしかった」

というコメントをされておりました。

ネット上でも、

何故攻めない… スポーツマンらしくやればいいのに〜

無気力試合で両者失格にならないかと心配したりする

公式戦でここまで露骨な時間つぶしw 歴史的な試合かも。

後半決められてからのこのプレーはひどい。

などなど多数のコメントが寄せられています。

攻めていて負けていたらどうなっていたのかなんて、たらればですからね。

負けていたら負けていたで、

最後はパス回しだろうって騒ぐんだろうけど。

とてもインパクトの強い試合でした。いろんな意味で。

とりあえずはワールドカップに出場できたことはよかったですね。

なでしこジャパンの皆さんがんばってください。

ということで、今回は、

なでしこジャパンの最後の時間つぶしのパス回しについて書いてきました。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - スポーツ , , , ,